CK(CPK)
CK(CPK)

CK(CPK)の概要

この項目は、血液中のCK(CPK)の量を調べる検査です。

CK(クレアチンキナーゼ)は、CPK(クレアチンホスホキナーゼ)と呼ばれることがあります。

CK(CPK)は、体内でのエネルギー代謝に関わっている酵素です。
主に骨格筋・心筋・平滑筋・脳などに多く存在し、これらの組織が障害をうけると、細胞からCK(CPK)が血液中に流れ出し、血液検査で高値を示すようになります。

CK(CPK)とアイソザイム

CK(CPK)には、アイソザイムと呼ばれるCK-MM・CK-MB・CK-BB の3 種類が存在し、通常の血液中には、CK-MMが大半を占め、CK-BBはほとんど存在せず、CK−MBがわずかに存在しています。
通常の血液検査で行なわれているのは、総CK(CPK)活性値となります。

3種類のアイソザイムは組織によって分布する割合が異なるため、CK(CPK)が高い場合、このアイソザイムを調べて、どの組織が障害を受けているかを推測し、病気の診断に用いることがあります。

CK-MM

骨格筋に多く含まれ、筋性疾患(筋ジストロフィー・多発性筋炎・皮膚筋炎 など)や甲状腺機能低下症などで高値を示します。

CK-MB

心筋に多く含まれ、心疾患(心筋梗塞・心筋炎 など)で高値を示します。

CK-BB

脳、子宮、腸管に多く含まれ、脳疾患(脳血管障害・脳外傷 など)や悪性腫瘍 などで高値を示します。

CK−MBと心筋梗塞

CK−MBは心筋に多く含まれることから、心筋梗塞の診断や病態の把握のためにCK−MBを直接検査することがあります。

通常、心筋梗塞発症後、約4〜8時間で上昇しはじめ、18〜24時間で値はピークに達し、72〜96時間後には基準値レベルとなります。

CK(CPK)の生理的変動

性別による変動

男性の方が、女性よりも高値を示します。
これは男性の方が、女性よりも筋肉量が多いためです。

その他の影響による変動

激しい運動後や肉体労働、筋肉注射後は筋肉が損傷を受けることがあるため、高値を示す場合があります。
また子どもの場合、採血前に大泣きすることによって高値を示すことがあります。

検査の目的

1) 神経や筋疾患、心疾患を疑うときや、その経過観察として
2) 脳の損傷が疑われるときや、その経過観察として

参考基準値  (IU/l)

男性 : 50 〜 250

女性 : 45 〜 210

※基準値は施設ごとで異なる場合があります。

CK(CPK)が異常値を示す病態

高い値を示す場合
骨格筋疾患
外傷 ・ 筋ジストロフィー ・ 多発性筋炎 ・ 皮膚筋炎 など

心疾患
心筋梗塞 ・ 心筋炎 ・ 心膜炎 など

神経筋疾患
重症筋無力症 ・ てんかん など

その他
甲状腺機能低下症 ・ 頭部外傷 ・ 脳梗塞 ・ 悪性腫瘍(胃がん、大腸がん、肺がん、前立腺がんなど) など

低い値を示す場合
甲状腺機能亢進症 ・ 全身性エリテマトーデス(SLE) ・ 関節リウマチ ・ シェーグレン症候群 ・ 長期臥床 ・ 妊娠 など

検査時の注意事項

激しい運動によりCK(CPK)は高い値を示すことがあるので、採血前は運動は控えるようにしましょう。